スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)

 第17回松本清張賞(日本文学振興会主催)は21日、大阪府東大阪市在住の村木嵐さん(42)の「マルガリータ」に決まった。賞金500万円。授賞式は6月18日、東京・内幸町の帝国ホテルで。 

【関連ニュース】
横溝正史賞に伊与原新さん
蛇笏賞に真鍋呉夫氏
手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん
新田次郎賞に菷木蓬生氏ら
迢空賞に坂井修一氏

<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
北朝鮮にピアノ不正輸出=バイク販売会社を捜索-広島、兵庫両県警(時事通信)
公務員法成立は連休明けにずれ込み(産経新聞)
スポンサーサイト

校長ら2人に略式命令 東京・杉並の小6天窓転落死(産経新聞)

 東京都杉並区立杉並第十小学校で平成20年6月、授業終了後に6年生の中村京誠(きよまさ)君=当時(12)=が屋上の天窓から転落死した事故で、東京区検に業務上過失致死罪で略式起訴されていた男性校長と授業を担当した女性教諭について、東京簡裁はそれぞれ罰金20万円の略式命令を出した。命令は9日付。

【関連記事】
川端文科相「小学校の管理体制に不備」 鹿児島の小3男児転落事故 
校舎屋上の天窓から落ち小3けが 鹿児島・霧島
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死
「早く逃げろ!」階段に殺到、窓から飛び降り… 高円寺ビル火災 
姫路のスーパーの天窓割れ男児が落下、重傷
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)
共産委員長、結党以来初の訪米へ…NPT会議で(読売新聞)
宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)

大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か-容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)

 大型スクーターで追い抜きざまにバッグを奪い、女性にけがをさせたとして、警視庁捜査3課などは13日までに、強盗致傷容疑で、横浜市旭区市沢町、会社員邑井祐介容疑者(31)を逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。
 同課は同日までに、東京都内の金券ショップで偽名を使い、別の被害者からひったくった商品券などを換金したとして、詐欺容疑などで、同容疑者の元同僚でアルバイト店員の稲沢晋容疑者(30)=新宿区北新宿=も逮捕。ほかにも複数の処分役がいたとみて捜査している。
 同課によると、渋谷区や目黒区などでは昨年7月中旬以降、黒色の大型スクーターを使ったひったくり約50件(計350万円相当)が発生しており、関連を調べている。 

【関連ニュース】
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円

舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)
グーグル、書籍検索機能をウェブ検索に統合
インフル混合ワクチン、「新しい臨時接種で」―足立政務官(医療介護CBニュース)
高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)
原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増-産業協会調査(時事通信)

<名張毒ぶどう酒事件>84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)

 死刑確定から38年。名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求は、三度(みたび)、名古屋高裁に舞台を移すことになった。大正生まれで事件当時35歳だった奥西勝死刑囚は既に84歳。今後、高裁差し戻し審の決定が出ても、再び弁護側か検察側が特別抗告することも想定され、司法の最終的な判断はさらに先となる可能性もある。奥西死刑囚は支援者らに「年齢的にも後がない」と訴えている。

 3月上旬、名古屋拘置所にいる奥西死刑囚と面会した「愛知・奥西勝さんを守る会」事務局長で特別面会人の田中哲夫さんによると、奥西死刑囚は支援者から贈られたセーターを着て「だいぶ暖かくなった」と元気そうな様子だったという。

 「布川や足利は良かった。私も最高裁決定に非常に期待している」。再審開始が決定した布川事件や、再審無罪が確実になっていた足利事件に話題が及ぶと、笑顔を見せた。田中さんは「奥西さんも、再審の結論を待たずに亡くなったお母さんの年齢を超えた。今のところ、健康に問題はなさそうだが、早く救い出さないといけない」と話す。

 奥西死刑囚は3月27日付の支援者グループへの手紙で「(捜査官は)否認すると上司を調べ室に連れて来た。上司は自白しろと大声を出したり、ムチで机を打ったりした。やってないから後で無実が分かってもらえると信じて自白してしまった」「40年余の長い間の苦しみと残念さは、いいあらわすことができない。年齢的にも後がなくなったし、一日も早く冤罪(えんざい)を晴らしてもらいたい」と記した。

 手紙では「父母は今はいないが、生きている時は私をよくよく全面的に支えてくれたことに感謝している」とも触れた。支援者によると、今も妹が奥西死刑囚の健康状態を心配しながら、別の地域で暮らしているという。

 ◇解説…最新の科学的見解を尊重

 最高裁決定は、弁護側が「新証拠」として科学鑑定結果を提出したのに、名古屋高裁が再鑑定など科学的検討をしないまま退けた点を「審理不尽」と指摘した。3月に再審無罪が確定した足利事件でも、弁護側の独自鑑定をきっかけに東京高裁がDNA再鑑定を行い冤罪が晴れた。

 最高裁は、有罪確定の根拠を揺るがす最新の科学的見解が示された場合、丁寧に再検証する必要性を説いたと言える。

 第7次再審請求で弁護側は、専門家に依頼してペーパークロマトグラフ検査や分析などを行い、奥西死刑囚が所持していた農薬「ニッカリンT」には事件で使われた農薬にはない成分が含まれていると指摘し、事件に使われたのは別の農薬だと主張した。

 名古屋高裁は積極的に評価して再審開始決定を出したが、検察の異議を受けた同高裁の別の部は「ぶどう酒で薄まるなどして検出されなかった」と書面の検討だけによる解釈で退けた。これについて最高裁決定は「推論過程に誤りがある疑いがある」と指摘した。

 足利事件では、上告審で弁護団が独自鑑定を基に警察のDNA鑑定の誤りを主張したが、最高裁は再鑑定の必要性を認めず退け、再審請求でも宇都宮地裁の判断は同様だった。その結果、菅家利和さんの社会復帰は約9年遅れた。

 80年代に死刑事件の再審無罪が相次いで以降、重大事件の再審請求に対する司法判断は厳しかった。しかし、ある現職裁判官は「科学鑑定は典型的な客観証拠だが、科学は日進月歩。足利事件を踏まえ、説得力のある見解があれば、確定判決といえど慎重に再検討しようとの考え方が広まりつつあるのだろう」と変化を指摘する。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念
足利事件:「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙
布川事件:検察、改めて有罪立証方針 再審公判の事前協議
足利事件:菅家さん無罪 裁判官の謝罪に感動「免許取り温泉に行きたい」
布川事件:桜井・杉山さん、早期の無罪確定を 佐藤光政さん、支援コンサート /茨城

自民、異例の全職員朝礼=谷垣総裁が参院選へ「檄」(時事通信)
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)
厚労省、独自の省内事業仕分け…刷新会議に先行(読売新聞)
「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)

<患者骨折>元看護師を再逮捕…別の女性への容疑 兵庫県警(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)で高齢の入院患者6人が肋骨(ろっこつ)を折られた事件で、県警佐用署などは4日、うち1人を骨折させたとして起訴された佐用町山脇、元看護師、羽室沙百理(さおり)被告(26)=懲戒解雇=を別の女性患者1人に対する傷害容疑で再逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年1月17~19日の間、同病院に入院していた女性(当時88歳)の胸を手で圧迫するなどの暴行を加え、肋骨4本を折る全治6週間のけがをさせたとしている。女性は同年7月に死亡した。

 羽室容疑者は今年3月11日、女性患者(当時85歳)への傷害容疑で逮捕され、神戸地検姫路支部が今月1日に傷害罪で起訴している。

【関連ニュース】
傷害:別の患者骨折容疑で元看護師を再逮捕へ…兵庫県警
患者骨折:カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か
患者骨折:胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師
患者6人骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:カメラ設置後被害なし 元看護師、体制強化察知か

10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
普天間移設、政治的条件も重視=岡田外相に米国防長官(時事通信)
鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
<人事>最高裁(毎日新聞)
<水俣病>出水の会、国の救済策受け入れ(毎日新聞)

天皇、皇后両陛下 京都・平等院を訪問 (毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は27日、京都府宇治市の平等院を訪れた。宮内庁によると、天皇陛下が平等院を訪問したのは、学習院中等科1年だった1947年3月以来2度目という。

 両陛下は平等院の神居文彰(かみい・もんしょう)住職の説明を受けながら、国宝の本尊阿弥陀(あみだ)如来坐像(ざぞう)などを見学。また、国宝の梵鐘(ぼんしょう)など宝物類を保存・展示している博物館「鳳翔館(ほうしょうかん)」を視察した。

暴行で2歳男児死亡 母親と同居の19歳少年逮捕(産経新聞)
谷垣氏、全国行脚終える 低い浸透度…効果のほどは?(産経新聞)
たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
<石油ストーブ>ふた外れ引火 火災4件、リコール(毎日新聞)
10年度予算「あり得ない姿」=仙谷担当相(時事通信)
プロフィール

ミスターまさひこみつはし

Author:ミスターまさひこみつはし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。